読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

いつもの今石洋之監督を原液そのままに『SEX and VIOLENCE with MACHSPEED』(09:53)配信終了日:11月23日

制作会社スタジオカラーと映像配信社ドワンゴが組んで提供する、短編アニメ作品企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第十四弾。

animatorexpo.com

原案・監督・原画を『天元突破グレンラガン』『キルラキル』監督の今石洋之が手がけている。

しかし明るくポップな下ネタ連発は同監督でも『パンティ&ストッキングwithガーターベルト*1に近く、色数を少なくして動かない場面は徹底的に止める手法は『キルラキル』より極端になっている。キャラクターデザインを担当して、弟子筋の雨宮哲が監督した『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』へのミッシングリンクともいえるだろう。

しかし動かす場面では徹底的に動かすし、物語もハイテンションなので、エログロナンセンスギャグとしてダレずに見ていられる。ヒロインにあたる下半身裸の美少女が、よく見ると腹話術されているダッチワイフというネタも、ポップでブラックな楽しい風刺。

 

また、前回のドワンゴ社員の悪ふざけのようなOPとちがい、今回は1分18秒あるOPが短編アニメとして素直に楽しい。