ふむめも@はてな

フリームービーメモ。GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

牧歌的な親子怪獣を描く、日活が制作した唯一の怪獣映画『大巨獣ガッパ』(01:23:44)配信期間:2023年1月12日~2月11日

1967年の日本映画。監督は和製拳銃アクションを多数手がけた野口晴康がつとめたが、公開と同年に急逝した。

gyao.yahoo.co.jp」

南国的なテーマパークをつくるため、南の島へ材料を集めに行った日本人たち。そこで島民から不思議な石像に案内され、怪獣の卵を発見した。その卵からかえった小さな怪獣を日本へつれかえったが……

 

東宝の『モスラ』や『ゴジラキングコング』、それらが参照した『キングコング』などを思わせる古典的なストーリー。

ゴジラキングコング』でも最終決戦の舞台が熱海城となったが、こちらは全体的に熱海市を舞台としていて地域に根差した観光色が強い。やや低いビルと旅館のような和風の建物がならぶミニチュアセットは、TV特撮にも大作映画にもない味わいだ。

全体的に安っぽいが、東宝特撮にも大映特撮にもないカメラワークなどもあって、時間も長すぎず、期待しすぎなければ楽しめる作品だろう。

【再配信】女を選ぶ側にいた男が受ける、物理的に痛々しい因果応報『オーディション』(01:55:31)配信期間:2023年1月16日~2月15日

村上龍の小説を原作として、三池崇史が2000年に映画化し、国際的に衝撃をあたえた。要ログインのR15で一ヶ月無料。

gyao.yahoo.co.jp

青山という男は裕福で生活に余裕はあるが、妻を亡くして息子とふたり暮らしをしている。

青山はプロデューサーをしている友人にそそのかされ、女優のオーディションのふりをして再婚相手をさがすことにした。

そして落ちついた美女に目をつけた青山は仲を深めようと動く。しかし美女の周囲ではあまりにもおぞましい事態が……

 

世界的なホラー映画ランキングにも顔を出す日本映画のひとつであり、流血のカタルシスより痛覚のサスペンスを重視したサイコホラー。

微妙な漫画実写化ばかり悪い意味で話題になりがちな三池監督の、映像作家としての真の実力を見ることができる。

女性への恐怖をかきたてる演出のすさまじさに、異様な生活感あふれる回想シーン。傲慢でありながら、息子に優しく雰囲気もとぼけた主人公が、恐怖シーンを対照的にもりあげる。女性の視点からは怜悧で無機質な世界。

 

恐怖の発端から根源まで、すべて男性の身勝手さが生みだした世界観も、意外と社会派ホラーとして見ごたえがある。

よくある女性嫌悪、いわゆるミソジニーをつかった恐怖描写は古典的だが、きちんとその嫌悪を感じる男性側の問題に向きあうことで、二十年以上たっても通用するドラマになっている。

gyao-youtube.hatenablog.com

【再配信】くりかえされる5月17日の悲劇に、父親がむきあうタイムループサスペンス『エンドレス 繰り返される悪夢』(01:30:22)配信期間:2023年1月17日~2月16日

すでに定番のタイムループSFをオーソドックスにまとめた、2017年の韓国映画。字幕のみの無料配信が一ヶ月。

gyao.yahoo.co.jp

ひとりの外科医が国連の医療奉仕活動から帰国した。空港での記者会見をへて、ひさしぶりに娘へ会いにいく。

しかし途中の事故を基点に、外科医は同じ時間をくりかえしはじめる。どうすれば悲劇をふせぎ、未来へ脱出できるのか……

 

韓国映画らしいカークラッシュを中心として、父親がさまざまな手段で人々を救おうと走りつづけ、時間がくりかえされる謎を解く。

悲劇に先回りするためショートカットを試みたり、失敗することを前提として次のループのため情報収集につとめたり……タイムループSFの定番を押さえていて、期待どおりに楽しめる。韓国映画らしく、ロケ撮影や事故のVFX描写もそつがない。

 エンディングをのぞくと1時間半もない本編で、テンポよくスピーディに危機を回避しようとする娯楽として完成されていた。

 

なお、時間がループする設定にSF的な説明はつかないものの、新たな情報が出るたびに時間がくりかえされる動機が解明されていく流れはよくできている。

どうして何をやっても悲劇を回避できないかという謎に率直な真相を用意しつつ、それでも人が救われることに意義があると示していく。

冒頭の記者会見で、テロリストを救おうとすることが悲劇を長引かせているのではないかと記者に問われたことが要点だ。そこで目の前の人を助けると外科医が答えたことが、映画全体を象徴している。

誰もが善良でいて愚かで、罪を犯しつつ償いたいと願っている。描写として陰惨な暴力が多いが、それでも他者を信じたいと感じさせる物語だった。このジャンルが好きであれば見て損はない佳作。

gyao-youtube.hatenablog.com