フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

マヤ文明で生贄にされた男の孤独な逃走劇『アポカリプト』(02:17:46)配信期間:2018年3月23日~3月29日

2006年に大ヒットしたメル・ギブソン監督作品。R15なので要ログイン、吹替と字幕を初無料配信。

gyao.yahoo.co.jp

南米の先住民たちが主人公。森を半裸で生きている主人公たちと、巨石で建築物をつくる侵略者たち。

主人公たちの狩猟採集の日々にはじまり、侵略者への抵抗、そして拉致からの脱出が描かれていく。

原始的な武器による血まみれの戦いはスプラッタ―映画のようで、苦手な人もいるだろう。

 

展開はシンプルなので、2時間以上も必要だったとは思えないが、美しい自然を背景にひきしまった肉体を駆使して展開される逃走劇は、なかなかの緊張感と迫力だ。

主人公は身体能力だけでなく、さまざまな知恵をめぐらせていく。序盤の展開がしっかり伏線として機能しているので、納得感は高い。失敗と成功が連鎖していく展開の妙も楽しめる。

 

一見すると古代エジプトのような先史文明を思わせるマヤ文明だが、その歴史を予備知識として持っていると、展開が予想できるところがいくつかある。

そして最後にむかえる結末は、その歴史を知っていると凄まじい皮肉であるし、それと同時に許されるオチなのだろうか?という疑問もおぼえた。

何しろマヤ文明は「中世まで存続」しており、主人公が別部族に示唆された「」にたどりついたところ、ちょうど「スペインからの侵略者」がやってきたところだった。それによって「マヤ文明は滅亡」するわけである。あたかも「スペインからの侵略者」が主人公を救った正義のような位置づけであるし、逆に「マヤ文明」は「侵略され滅亡」しても自業自得であるかのような位置づけになってしまった。

メル・ギブソン監督の立場であれば、「白人による南米植民地化」を正当化するかのような解釈にならないよう、もっと慎重に描写するべきだったと思うのだが。