フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

ダリオ・アルジェント監督のトリッキーなサイコサスペンス『サスペリアPART2 完全版』(02:06:35)配信終了日:2017年4月20日

ダリオ・アルジェント監督を一躍巨匠の座に押しあげた、1974年のサスペンス映画が初配信。

同監督の日本ヒット作『サスペリア』に便乗して、勝手に続編のような邦題にされたことで有名。

gyao.yahoo.co.jp

発端は、聴衆を前にしたテレパシー実験。他人の心を読む女性が、聴衆の誰から恐ろしい心を読みとってしまう。

その女性がアパートで殺害される場面を、ひとりの男性ピアニストが目撃。殺人現場にあわてて駆け込むと、不思議な絵が壁を埋めつくしていた。

現場から去っていく「茶色のレインコートの男」を追って、男性ピアニストと女性ジャーナリストが事件を追っていく……という2時間ドラマのようなサスペンス。

 

ジャーロ」と呼ばれる、緻密な知的遊戯よりも惨劇のインパクトを重視したイタリアミステリ映画のひとつ。

実際、手斧を使った冒頭の惨殺から、終盤の惨めな死にざままで、血塗られた場面の印象は強い。人形が出てくる笑いと紙一重の恐怖や、主人公がくりかえし警告を受けるサスペンスなど、きわめてモダンホラー的。

しかしこの作品は、大胆な視覚的トリックを活用したり、コメディめいた日常シーンに伏線をおりこんでいて、映画でしか表現しえない本格ミステリとしても評価が高い。

特に今回配信の完全版は、劇場公開版より約20分くらい長くて主人公男女のやりとりが多い。サスペンスとしてはテンポが悪くなったという批判もされているが、真犯人につながる世界観の描写が増えたことでミステリとして充実した。

 

現代的で良いと思わされるのは、ジェンダーというバイアスをふみこえた語り口調。

男性ピアニストは古臭い男尊女卑な思想を持っているが、女性ジャーナリストと腕っぷしが互角で、作戦でやられたことに負け惜しみをいう。ステロタイプな男女観を自己批判している描写だ。

そして男性ピアニストは、すぐ近くに同性愛者がいることが知らされても、偏見の目を向けることはない。他人に無暗に干渉せず、距離を変えることはしなかった。

しかも、「こうしたジェンダーの越境」が「茶色いレインコートの男が実は女性」という「思想的な伏線」ともなっている。

 

ただ、今回配信版は近年リマスターされたものらしく、画面がクッキリしすぎているのが難点。

画面の「片隅で真犯人が画面に映っているというトリック」が、スマホやパソコンの小さな画面で視聴していることとあわせて、「質感や色調の違いから気づきやすい」。

もっとも、殺人現場のサイケデリックな色彩表現や、ひとけのない夜の街角の寒々としたムードなど、リマスターされた美しい画面ゆえの良さもある。痛し痒しか。