フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

日常のラブコメな風景も、視点を変えればスコシフシギなSFに『I can Friday by day!』(06:24)配信終了日:2015年11月23日

制作会社スタジオカラーと映像配信社ドワンゴが組んで提供する、短編アニメ作品企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第十九弾。

animatorexpo.com

原案と脚本はウエダハジメ、監督と絵コンテは『フリクリ』の鶴巻和哉、キャラクター原案は西尾維新作品で知られる竹、アニメーションキャラデザインと作画監督は『キルラキル』のすしお。

 

ミニサイズ宇宙人が乗るロボットという設定で女学生を描写。恋に戦う女学生の日常を、硝煙煙る戦争になぞらえながら、あくまでポップにキュートにうつしだす。

挿入歌とともにもりあがるクライマックスはよくできたミュージックビデオのよう。アニメーションとして映像だけでも楽しいし、二重写しされるそれぞれのドラマもエンターテイメントしている。

 

美少女キャラクターがミニサイズの中の人に操縦されているという設定の先例は複数あるが、この作品ならではのオリジナリティがちゃんとあった。