フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

レバノン内戦をテーマにした驚愕の本格ミステリ映画『灼熱の魂』(02:10:52)配信終了日:2019年1月31日

2010年のフランスとカナダの合作映画。カナダアカデミー賞を総なめにし、世界的にも絶賛された。少し長いが、まず先入観をもたずに観賞することを勧めたい。

gyao.yahoo.co.jp

プールで卒倒した母が死んだことを、双子の姉弟が知らされる。公証人につたえられた遺言によると、戦地に残した父と長兄へと手紙をわたすよう母は求めていた。姉と弟は移住先のカナダから、内戦で廃墟となった故郷へ向かう。

一方、宗教と民族の壁をこえて長兄を生んだ母の半生が描かれていく。キリスト教系の実家へイスラム教系の夫をつれていったところ、血を汚したとして夫は殺されてしまう……

 

 

序盤は母の物語と姉弟の物語が同時並行して、ちょっと物語が飲みこみづらいところはある。廃墟となった風景が区別しづらいことや、時間がつぎつぎに飛んで断片的に描写されることも、わかりづらさを生んでいる。

それでいて母親の半生はていねいに時系列にそって描かれていくため、あまり謎解きの要素は強くなさそうに見える。架空の女性が内戦を生きぬく姿をとおして、さまざまな状況を描いていく映画に見える。

そうと理解してみると、現地でロケした風景は興味深いし、どこで衝突が始まるかわからない緊張感に満ちている。アクション映画で快楽をもたらすそれとは違って、痛みと虚しさを感じさせる銃撃戦も短いながら迫力ある。

 

いくつもの憎悪を向けられるなかで、母もまた憎悪に身をゆだねていったことがわかる。そして姉弟は、父が母を「監獄でレイプした拷問者」ということを、長兄が母から「引き離された後で兵士」にされたことを知る。

ここまででも、社会派テーマのシリアスなドラマとしてよくできているといっていいだろう。

しかし映画は終盤にきて、あまりにも残酷な真実を明らかにする。それは憎しみの連鎖というテーマとも、内戦というシチュエーションとも密接に関連する。

 

ここで姉が数学を学んでいるという設定が効いてくる。「1+1=2」という数式が、「1+1=1」だと弟がつげる。

そう、「」は「敵に洗脳」されて「母をレイプ」した「長兄」だったのだ。序盤で夫が殺され、母も殺されそうになったように、「隣人が憎みあい傷つけあう」ことをしいられる内戦という状況の残酷さが、あまりにも痛切なかたちで象徴される。

それでも、いやそれだからこそ、母は自分を「レイプ」しても「実子である長兄」を「赦した」わけだ。

同時並行で描かれる複数のドラマが、人々を分断させた内戦を具象化し、しかし真相に向かいあうことで痛みとともに回復させる……