フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

現代ゾンビ映画の原典を、巨匠の追悼のため紹介『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(96分)配信期間:半永久

www.afpbb.com

77歳で亡くなったジョージ・A・ロメロ監督による1968年の米国映画。

タイトルのクレジットミスにより著作権が切れており、bweiga氏が独自に日本語字幕を作って公開している。

www.youtube.com

初めての長編監督作品にして、1960年代なのにカラーフィルムが使えず、監督自身が撮影を担当するほどの低予算映画というのに、ニューヨーク近代美術館に収蔵されるほど歴史的な評価が高い作品。

試聴すればわかるとおり、とにかく導入がスピーディーでテンポ良い。現代まで粗製乱造されたゾンビ映画との格の違いを見せつけるかのように、説明もなく蘇った死者に襲われる発端から、逃げのびた家での籠城戦まで、サスペンスが持続する。

黒人と女性が活躍するという当時のホラー映画には珍しい先進的なドラマが展開し、ブラックな社会風刺でしめくくられる。あくまで娯楽作品でありつつ、時代を超えた傑作として完成していた。

田舎の闇を描く韓国流のスラッシャーホラー『失踪』(01:38:32)配信期間:6/29~7/28

田舎にやってきた女性が犠牲となる2009年のサスペンス作品が、要ログインのR15で配信。

gyao.yahoo.co.jp

『サイコ』『悪魔のいけにえ』『13日の金曜日』等々に代表される、旅先で殺人鬼に襲われるジャンル「スラッシャー映画」を、韓国を舞台にして現代的に完成させた。

さほど予算を使った映画ではなさそうだが、田舎町でていねいにロケして、生活感ある表面と事件が進行する裏面を、それぞれ雰囲気たっぷりに映像化した。殺人鬼と母親の距離感も独特で、田舎の閉塞感がよくあらわれている。

 

女性が裸体にされて洗浄されたり、なかなか煽情的な描写が多いが、直接的な描写は意外と少ない。

最も残酷な殺害方法も、よく見ると絵としては見せていない。生きたまま処理されるシチュエーションと、耳をつんざく機械音と、救いの手がギリギリでとどかない皮肉なドラマが何よりも怖い。

オチの後味の悪さも一味違う。犯人は確実に消え去ったはずだが、女性が犠牲になる社会という恐怖は持続しつづける。

大人気の同人ホラーゲームをTVアニメ化した第二弾『ひぐらしのなく頃に解』(全24話)配信期間:2017年6/14(水)24:00 ~ 6/25(日)23:59

大人気だった同人ホラーゲームの、真相が開示されるエピソードを映像化。序盤は原作者原案によるコメディチックなオリジナルストーリーが展開される。

ch.nicovideo.jp

残念ながらミステリとしては後出し設定が多すぎて、期待との落差から発表当時は不評だった解決編だが、十年以上たった今ならばツッコミを入れながら楽しむこともできるだろう。

 

追記:配信期間を訂正。