フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

2019年春のTVアニメ配信情報について、GyaO!、ニコニコチャンネル、Abemaビデオ他の簡単なまとめ

すでに早い作品は2話が配信がされているが、今のうちにまとめておく。

 

多くが配信されているGyaO!だが、まだ記載されていない範囲で、『文豪ストレイドッグス(第3クール)』がすでに初回の第26話を配信中。

gyao.yahoo.co.jp

 

ニコニコチャンネルは情報サイト「Nアニメ」にまとめられている。

anime.nicovideo.jp

八月のシンデレラナイン』はGYAO!では配信していない様子。

 

Abemaテレビは新作のほとんどがライブ配信。ビデオでの無料配信も少なくない。

abema.tv

最近作も一挙無料配信されるし、『劇場版トリニティセブン-天空図書館と真紅の魔王‐ 』のように、最近作の劇場アニメも不定期に無料配信されているので、1日おきくらいにチェックするといいだろう。

 

今期は楽天TVもひさしぶりに新作の無料配信が多い。

tv.rakuten.co.jp

特に火曜日に『超可動ガール1/6』『女子かう生』『ノブナガ先生の幼な妻』と3作品も最新話無料作品がそろっているのが目を引く。

TVアニメ最新作もクライマックスの仮想現実ゲームアニメ『劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』(02:00:15)配信終了:2019年4月9日

原作者書き下ろしのオリジナルストーリーによる2017年の劇場アニメ。物語のミッシングリンクを埋めるように、拡張現実*1でのドラマを描く。

abema.tv

TVアニメ1期と2期を手がけた伊藤智彦監督を初め、TVアニメの主だったスタッフがそのままスライド。よりブラッシュアップしたビジュアルで世界的に大ヒットした。

 

シリーズ全体の発端となったデスゲーム事件を生き残った人々が、現実を舞台に安全にゲームを楽しもうとしていた。さらにAIの人気アイドルがプレイヤーを応援してゲームをもりあげる。

そこに突如としてデスゲームのボスキャラが現れた。その背後には、デスゲーム被害者の関係者にしてデスゲーム主催者の関係者の陰謀が隠されていた……

 

シリーズの発端となった事件の、メインキャラクターたちの視界に入らなかったドラマを記憶から掘りおこし、中途半端なかたちで終結したデスゲームのゲームとしての決着をつける。そんなドラマとして約2時間でよくまとめている。各編に登場したキャラクターをちゃんと活躍させるファンサービスもていねいだ。

ただ、主人公へライバル的に戦いをいどむキャラクターが器の小さいイキリチンピラだったり、逆にゲームを作った黒幕を感傷的に描写したりといった原作者らしい作風だけは、ちょっと好みがわかれるかもしれない。

*1:アニメでいうと『電脳コイル』が近いか。

各配信サイトで違う声優のスペシャルに、TVアニメ全12話も全話無料『ポプテピピック TVスペシャル』(#13#14)配信期間:2019年4月2日〜4月8日

もともと1話ごとに前半と後半を同じ映像で違う声優を起用していたTVアニメだが、今回のスペシャルはTV局や配信サイトごとに声優を変えるというネタをしこんでいた。

www.oricon.co.jp

さらにAbemaビデオでは、TVアニメ全12話が残り8日間以上も無料配信中だ。

abema.tv

gyao.yahoo.co.jp

ch.nicovideo.jp

ニコニコが最も配信期間が短く、4月3日まで。しかし「朱雀ver.」が配信されているのはニコニコのみ。