ふむめも@はてな

フリームービーメモ。GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

自主制作SFを発展させた結果の、貧乏な労働者とコンピュータが自己に悩んでいく寓話『ダーク・スター』(01:22:58)配信期間:2021年2月20日~3月19日

遊星からの物体X』で知られるジョン・カーペンター監督が、製作・音楽・脚本のすべてを手がけた初長編映画。一ヶ月無料配信。

gyao.yahoo.co.jp

人類が危険な惑星を爆撃で消去し、植民の用意をしている遠い未来。船長は事故で倒れ、残された少数のクルーが爆撃用の宇宙船を運用していた。

助けもない宇宙空間の孤独を癒すため、ひとりのクルーがエイリアンを船内にペットとしてもちこむ。しかしペットは好き放題に動きはじめ……

 

1974年の映画。現在から見ると全体的に安っぽいが、宇宙飛行士を生活感ある薄汚れた作業者として描いたSFとして先駆的だ。

1979年ににリドリー・スコット監督のSFホラー『エイリアン』の脚本と原案を手がけるダン・オバノンが主演し、さらに共同脚本や特殊効果なども担当。

完全自主制作を長編化した「ハリウッド」映画だが、少数スタッフで無理やり完成させた自主制作の雰囲気が残っている。

 

ピタッと無重力空間で静止する宇宙船などに違和感がなくもないが、『スター・ウォーズ』1作目の3年前と思えば、ミニチュアの精度も合成のクオリティも自主制作としては大健闘だろう。

ビニール風船のようなエイリアンとの戦いは安っぽく、他のクルーときちんと連絡をとらない行動に違和感はあった。しかし、あくまで猿くらいの知能のペットに手を焼いているだけとわかれば納得できる。

そもそもエイリアンとの対決は、より大きなトラブルに発展する段階のひとつにすぎなかった。本当のドラマはクルー同士のディスコミュニケーションと、コンピュータとのディスコミュニケーションだ。そしてそれぞれのキャラクターが自己の存在を信じられなくなっていく。

遊星からの物体X』や『ゼイリブ』など、カーペンター監督がホラーやSFの枠組みで描きつづけたドラマの原型がここにある。

 

そして自己の立場に確信をもてないキャラクターたちが、それぞれの結論とともにバラバラな末路をむかえていく。

その姿は愚かに見えるが、しかし自主制作から商業映画という世界に人生をかけて飛び出たスタッフの人生にも重なりあう……

 

【再配信】苦難と歓喜に満ちた男の人生をたどる韓国版フォレストガンプ『国際市場で逢いましょう』(02:06:24)配信期間:2021年2月25日~3月24日

VFXを多用した災害映画『TSUNAMI ツナミ』のユン・ジェギュン監督による、韓国現代史をたどるヒット作。2014年の韓国映画が一ヶ月無料。

gyao.yahoo.co.jp

貧しい商店街「国際市場」に身をよせた少年が、韓国の経済に歩調をあわせるように成長していく。人情喜劇としてよくできた、泣けて笑える映画作品だ。

 

韓国の現代史によりそった作りなので、主人公が歴史上の有名人と出会う演出は、日本の観客からするとピンとこないかもしれない。

とはいえ、主人公の人生をたどる物語背景は必要充分に説明され、韓国文化にくわしくなくても鑑賞に支障はないだろう。

歴史の激動に巻きこまれつつ、他の民族を敵視しない作りになっているので、外国の観客でも見やすい良さもある。韓国を見捨てかけた米軍はちゃんと民間人を救出するし、ベトナム戦争では現地の抵抗を悪魔化しない。かつて外国に出稼ぎに出ていた主人公は、韓国へ出稼ぎに来た外国人を差別しない。

 

さらに、冒頭の朝鮮戦争をはじめとして、VFXを多用した見せ場は多い。

高度経済成長だけを切りとった『Always 三丁目の夕日』シリーズと比べて、再現された過去の風景の物量は段違いだ。

戦災や大事故、復興していく社会……日本と建物や服装が似かよっていることもあり、どの風景もなつかしく、かつ撮影規模の大きさと完成度に感嘆させられる。

gyao-youtube.hatenablog.com

21世紀の現代戦を騎馬でおこなう羽目になった米軍兵士の顛末『ホース・ソルジャー』(02:09:50)配信期間:2021年1月30日~2月27日

アフガニスタンの山岳を騎馬隊で戦うことになった米軍部隊の実話にもとづく、2018年の戦争映画。初無料配信が字幕と吹替で一ヶ月。

gyao.yahoo.co.jp

 

バッドボーイズ』のような大味なアクション映画から、同じように米軍特殊部隊が少人数で敵地に孤立した実話映画『ブラックホーク・ダウン』まで、さまざまな大作を手がけてきたジェリー・ブラッカイマーの、ひさびさの製作作品。

広告映像などを手がけてきたデンマーク出身のニコライ・フルシーにとって、これが初監督作品になった。