フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

夢破れた男と捨てられたガラクタの、大人の夢物語『ラブ&ピース』(01:57:33)配信期間:2018年1月5日~1月18日

園子温監督脚本によるオリジナル現代ファンタジー映画が初無料配信。『シン・ゴジラ』の1年前に長谷川博己が主演した怪獣映画という側面からも楽しめる。

gyao.yahoo.co.jp

ファンタジックな設定で、せちがらい社会を寓話化。

方向性は『世にも奇妙な物語』の拡大版といったところ。映画ではティム・バートン監督作品に近い。

 

ロックシンガーに挫折した主人公がTV番組に嘲笑される妄想を見ていたかと思えば、捨てられた玩具が謎の老人の力で意思をもって動いたりする。

ネガティブとポジティブが交錯し、主人公は奇跡的に成功の階段をかけのぼりながら、どこか大切なものを置きざりにしてしまう。

主人公が劇中でヒットを飛ばす歌は園監督が作詞作曲。あくまで奇跡の力の結果とはいえ、劇中歌としては悪くないクオリティ。かんちがいで深読みされそうな内容として成立している。

 

低予算映画らしいが、よく見ると少ないセットをうまく利用して、ちゃんと見られる映像にしあがっている。

地下空間の美術設定もこっているし、動く玩具たちも吊り糸こそ見えるが雰囲気にはあっている。ライブの観客も大勢いるように見せられていて安っぽくない。

何より、近年に『ウルトラマンX』等で活躍している田口清隆特技監督の仕事が素晴らしい。古典的なミニチュア特撮を現代的に発展させ、リアルな都市破壊を表現していた。10分ほどしかないが、クライマックスは怪獣映画としても必見だ。