フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

同性愛者や原理主義者や共和党支持者がドロドロになるまで争う『カミングアウト・オブ・ザ・デッド』(01:29:14)配信期間:2017年10月9日~2017年11月8日

2009年に公開されたケヴィン・ハメダニ監督作品。ちょっと古い感じのゾンビ映画を、その社会派テーマまでふくめて現代的にアレンジ。以前にも何度か無料配信された*1

gyao.yahoo.co.jp

シアトルの小さな島にゾンビが打ち上げられ、少しずつ感染が拡大。真夜中になって街はパンデミックにおちいる。そして人々は疑心暗鬼から、もともとあった対立をむきだしにしていく……

 

スピーディーでセンスの良くなったゾンビ映画の潮流に反するように、出てくるゾンビは古典的。顔の皮膚をはいだり、臓物を食い散らかしたり、動きは遅かったり……

特色としては、アメリカのさまざまな階層の対立や偏見が風刺されているところ。偏見を色濃く残す田舎でありつつ、若者は先進的な気風をもっていて、それがドラマとなっていく。

ギャグとして笑えるかはともかく、味わい深い描写が多い。特に、ゾンビが蔓延する前、隣の夫妻とヒロインとの会話がいい。

f:id:gyaotube:20171013113852j:plain

f:id:gyaotube:20171013114046j:plain

f:id:gyaotube:20171013114106j:plain

f:id:gyaotube:20171013114122j:plain

 

f:id:gyaotube:20171013114200j:plain

f:id:gyaotube:20171013114150j:plain

f:id:gyaotube:20171013114213j:plain

民主党支持者と共和党支持者の態度が違っているようでいて、根本的に隣人を理解できていないことがあらわになっている。監督は名前からしてイスラム系らしく、ここは実体験からきているのかもしれない*2

それでいてゾンビが蔓延した後、夫妻はそれなりに良心を見せる。夫がなぜ愛国にのめりこんで見せねばならなかったか、いろいろな背景を感じさせる情報も出てくる。

 

教会に逃げのびた後、キリスト教原理主義者が同性愛者を救おうとするからこそ、同性愛者を傷つけ始める展開もおもしろい。

登場人物は他者への偏見にまみれているし、家族間では言い争ってばかりだが、ひとりひとりは意外なほど良心を発揮して、差別よりも家族愛を重視する。

だからこそ、その良心を差別や偏見が台無しどころか逆効果にしていく風刺性が印象に残る。

 

もちろん、真面目に見るだけではつまらない、古典的な俗悪ゾンビ映画の再現としてよくできた娯楽作品だ。素直に楽しめればそれはそれでいい。

*1:

『カミングアウト・オブ・ザ・デッド』(01:29:14)配信終了日:2014年9月18日 - フリームービーメモ@はてな

*2:イスラム差別への風刺は映画の全体をつらぬいていて、劇中ではゾンビウイルスの主犯としてイスラム系テロリストの存在が指摘されるのだが、報道で映る演説にはウイルスをまいたと明言する台詞がなく、無関係な主張を誤読しただけではないかと思わせる。その演説するテロリストを演じているのが監督自身。