読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

泥臭くも脳天気なメカファンタジーOVA『Dragon’s Heaven』(00:42:31)配信予定日:2015年12月11日

GYAO!OVA

1988年の短編アニメ。ガンダムダブルゼータをデザインしたことで知られるメカデザイナー小林誠が、自身の漫画を原作に監督した。

gyao.yahoo.co.jp

クリエイター小林誠のプロモーション作品といったところ。

歴史的には巨大模型を使った実写オープニングに記録するべき価値があるだろうか。同時期、『装甲騎兵ボトムズ』の映像ソフト総集編オープニングや、アニメ作品の予告映像に、実写が使われる事例がいくつかあった。

後に雨宮慶太監督作品に参加する竹谷隆之も、このころ小林誠に師事しており、スタッフとして参加。しっかりスモークをたいて、本格的なギニョール特撮になっている。設計図より大きな2メートルサイズに造形してしまっただけあって、実写ロボット特撮として意外と悪くない巨大感。

f:id:gyaotube:20151209062550j:plain

エンディングではメイキング映像が約10分流れ、 実写スタッフのバカ話を楽しむことができる。

 

キービジュアルからはシリアスな物語と思われるかもしれないが、本編はコミカルな語り口で、自律機動する巨大ロボットの性格も明るい。そのパートナーとなる少女の性格は、さらに明るい。

Dr.スランプ』の鳥山明のような作風、といえばわかりやすいだろうか。作者がどちらも模型作りを得意とすることも共通している。

映像作品としては、宮崎駿監督の漫画版『風の谷のナウシカ』や、それに影響を与えたフランスの漫画家メビウスの絵が、そのまま動いているよう。約30分の短編とはいえ、細かくタッチをつけたメカが手描きでアニメーションする映像は感動的だ。

f:id:gyaotube:20151209063327g:plain