読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリームービーメモ@はてな

GYAO!、YOUTUBE、バンダイチャンネル、ニコニコ動画、等々で公式に無料配信されているアニメや映画の情報や感想

コヤマシゲトのイラストの魅力を、自身で映像作品としてプロモート『おばけちゃん』(09:53)配信終了日:11月23日

制作会社スタジオカラーと映像配信社ドワンゴが組んで提供する、短編アニメ作品企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第十五弾。

animatorexpo.com

同企画の第十四弾*1でデザインや原案で協力していたコヤマシゲトが、原作絵から監督・コンテ・キャラクターデザイン・作画監督までつとめた。日米合作TVアニメ『HEROMAN』のデザインがきっかけで、映画『ベイマックス』のコンセプトデザインに抜擢されたことでも有名。

基本がイラストレーターであるためか、動きはコマ落ちしたよう。数少ないアクションシーンは3DCGをつかっている。しかし色指定やおばけちゃんのポージングなど、細部までコヤマシゲト絵の魅力で満ちあふれていて、これはこれで正しいプロモーション。

 

作品としては、4コマ漫画のようなちいさなエピソードをつみかさね、おばけちゃんというキャラクターのさまざまな反応を見せる内容。EDに写真を使うという飛び道具もあり、パッケージングとしての完成度は随一。

おばけちゃんの中身は下着姿の少女。『オバケのQ太郎』のように布をかぶってオバケっぽい姿になっている。ゆえにエッチな描写も多いのだが、印象は上品。あくまで自然な行動の一瞬を切りとっているためだろう。シンプルでシャープなデザインも清潔感ある。

 

本編とは別に、新しいOPアニメも楽しい。あえて描きこみやカメラワークを少なくして、ぶんぶん棒人形が動くアニメーションそのものの魅力を38秒かけて見せている。